Second-Partner.com
妻や夫以外の心のパートナー
  1. セカンドパートナー.com
  2. コラム
  3. セックスレスにならないための3つの予防方法

セックスレスにならないための3つの予防方法

日本でセックスレスに陥ってしまっている夫婦の割合は約30%と言われています。

中高年以上の夫婦の悩みかと思われがちですが、20代、30代でもセックスレスになってしまっている夫婦は多くいます。

たとえ子供が生まれたあとであてってもセックスは大切なコミュニケーションです。

セックスレスにならないための予防方法を紹介しますので参考にしてみてください。

セックスレスの予防方法

裸や下着姿を見せないこと

付き合い始めのころはお互いの体を見せるのも恥ずかしかったと思います。

しかし一緒に生活するうちに恥じらいもなくなり、相手の前で裸になることに抵抗を感じなくなってしまいます。

あなたが全裸や下着姿のまま堂々と生活していると、相手は見慣れてしまいます。

そうすると、あなたの裸はいつでも見られるものとして、価値が下がってしまいます。

人間は普段、見慣れてしまっているものには興奮しませんので性的な興味もなくなっていきます。

これは男性でも女性でも同じことが言えます。今からでも遅くはありませんのでHのとき以外は裸を見せないようにしましょう。

刺激の強い動画などでオナニーしないこと

最近は男性だけではなく、女性も過激な動画を見ながらオナニーする人が増えています。

確かにオナニーは手軽に気持ちよくなることもできますし、自分の性感帯を開発することもできます。

しかしあまりにも過激な内容の動画を見るのはおすすめしません。

人間の脳というのは刺激に慣れていくように出来ています。

毎回AVのような激しいシーンを見てオナニーをしていると、パートナーとのセックスが物足りなくなってしまいます。

本当のセックスよりも動画を見ながらのオナニーの方が興奮するようになったら、セックスレスに近づいている可能性があります。

そうならないためにも、激しいオナニーは控えるようにしましょう。

同じパターンでセックスをしない

これは特に男性に知っておいて欲しいことなのですが、毎回同じ順番でセックスをするのも危険です。

夫婦間のセックスがマンネリになってしまうのは、パターン化してしまうのが一番の理由です。

前戯から最後のフィニッシュに至るまでの流れが毎回同じだと、次に何をされるか予測できてしまうので興奮しません。

たまには違った体位から始めてみるなどの変化をつけることも、セックスレスの予防には効果的です。

また女性の場合もいつも同じ反応をするのではなく、少しくらいは演技を取り入れてみると、より良いセックスを行うことができます。


子孫を残すため以外の目的でセックスをするのは人間だけと言われています。

それだけコミュニケーションとしての重要性を理解しているからだと思います。

しかし動物は本来、子孫を残す必要がなくなればセックスもしなくなるものなのです。

放っておけば人間はセックスレスに向かっていくものなのです。

セックスレスになる前にできる対策はしておきましょう。


↑ PAGE TOP