Second-Partner.com
妻や夫以外の心のパートナー
  1. セカンドパートナー.com
  2. コラム
  3. セカンドパートナーに向いている女性の特徴

セカンドパートナーに向いている女性の特徴

男性がセカンドパートナーを選ぶときは、適度な距離感で、良き相談相手として長く関係を継続できる女性が理想です。

将来的に結婚の約束をすることもありますが、それはお互いが寂しい老後を送らないための保険的な意味合いのものです。

下心を刺激してくれる色気のある女性よりも、落ち着いた女性を選ぶことをおすすめします。

今回は男性に向けて、セカンドパートナーに向いている女性の特徴を紹介します。

セカンドパートナーに向いている女性

既婚者もしくはバツイチの女性

セカンドパートナーにするなら既婚者かバツイチの女性を選ぶ方が上手くいきます。

独身女性の場合、ある程度の年齢になってくると結婚を意識します。

そのときに良い相手が見つからないとセカンドパートナーであるあなたを候補にする可能性があります。

そうなるとあなたの家庭が壊れてしまいかねません。既婚者やバツイチの相手であればそういったリスクは少ないと言えます。

また、それまで独身だった女性が結婚を機にセカンドパートナーという関係をあっさり清算してしまう場合もあります。

結婚を迫られるリスクと、急に関係を清算されるリスクの両方を避けなければならないのです。

生活が安定している女性

独身女性で職を転々としていたり、結婚していても家計が不安定な女性はセカンドパートナーにするべきではありません。

「衣食足りて礼節を知る」という言葉もありますが、人は最低限のお金が無くなると、なりふり構わなくなります。

お金がなくて誰かに借りようと思ったときにセカンドパートナーほど好都合な相手はいません。そしてお金が絡むと人間関係は破綻します。

そういった状況にならないためにも、安定した生活を送っている相手を選びましょう。

人の悪口を言わない女性

セカンドパートナーは不倫ではありませんので、その関係が相手の配偶者にバレたとしても慰謝料を請求されることはありません。

しかしこういった特殊な関係を理解できない人たちというのは必ず存在します。

無駄な疑いをかけられないようにするためにも、セカンドパートナーという関係は公表しない方が良いでしょう。

お互いに黙っていればバレる心配はありませんが、女性はおしゃべりな人が少なくありません。

そういう女性を選んでしまうと無駄な苦労をすることになりますので口の堅い人を選びましょう。

見極めかたは簡単です。人の悪口になったときに嬉々として喋る女性を避ければ良いだけです。

人の悪口が好きな女性は例外なく口が軽いのです。

 

セカンドパートナーを作る目的は、心に安らぎを与えることと、将来の不安を少しでも解消することです。

不倫のように欲求不満を満たすものではありません。

相手の選び方を間違えると不幸な結果を招きかねないので注意しましょう。


↑ PAGE TOP