Second-Partner.com
妻や夫以外の心のパートナー
  1. セカンドパートナー.com
  2. コラム
  3. セカンドパートナーに向いている男性の特徴

セカンドパートナーに向いている男性の特徴

セカンドパートナーは不倫相手のことではありません。あくまでも精神的なつながりを大事にする関係です。

そういう関係の延長線上に、「もしお互いが独り身になってしまった場合に結婚する」という約束をする可能性もある相手です。

セカンドパートナーを作ってしまったおかげで、本来の生活が壊れてしまっては意味がありません。

そうならないためにも、相手をしっかりと見極める必要があります。

今回は女性向けに、セカンドパートナーに向いている男性の特徴について紹介します。

セカンドパートナーに向いている男性

性格が穏やかである

セカンドパートナーを求める女性の多くは、夫や家族の愚痴を聞いてもらいたいという気持ちを持っていると思います。

男性の場合、女性の話をしっかり聞いてくれる人と、全く聞いてくれない人はハッキリと別れます。

中には女性の話を「それは違うよ」と真っ向から否定してくる男性もいます。

そういう男性をセカンドパートナーにしてしまうと逆にストレスが溜まってしまいます。

性格が穏やかな人は女性の話をじっくりと聞いてくれる人が多いのでそういう男性を選ぶようにしましょう。

長い付き合いでないと、相手の性格を見抜くのは難しいものです。

そういう場合は自分以外の人に対する接し方を注意深く観察してみてください。

お店の店員さんなどにも丁寧に接することのできる人は優しい性格の人が多いと言えます。

反対にあなたには優しいけれど、他の人に横柄な態度を取る男性は裏の顔があると思って避けるのが無難です。

家族を大切にしている

自分の家族のことを大切にしていないのにセカンドパートナーを作るような男性は最終的には不倫関係を狙っています。

「家族を大切にしようと思っているけれど、上手くいかなくて悩んでいる」という男性であれば問題はありません。

しかし、「家族なんてどうでもいいから異性のパートナーが欲しい」と言っている男性は信用できません。

自分の家族を大切にしている人は他人の家族を壊すようなこともしません。

セカンドパートナーと不倫の境界線をしっかりと守ってくれます。

そういう男性とパートナーになれれば、お互いに心地よい関係を築くことができます。

趣味が多い

セカンドパートナーとはお互いが負担にならない距離感で付き合う方が上手くいきます。

恋人同士のように頻繁に会っているとお互いに重荷になってしまいます。

それだけでなく、不倫を疑われてしまう可能性すらあります。そうならないために忙しい男性を選びましょう。

趣味がたくさんあって忙しい人は女性にそこまで執着しませんので気楽な関係でいることができます。

またセカンドパートナーという関係を解消しようとしたときにも、あっさりと受け入れてくれる可能性が高いと言えます。

無趣味な男性の場合、暇なので頻繁に会おうとしますし、依存してくる場合もありますので、少しだけ注意が必要です。

 

セカンドパートナーはお互いのストレス発散や将来の不安を解消するための関係です。

過度に恋愛感情を持ってしまったり、体の関係に発展してしまいそうな相手を選ぶべきではありません。

心地よい距離感で付き合える相手を選ぶようにしましょう。

↑ PAGE TOP