Second-Partner.com
妻や夫以外の心のパートナー
  1. セカンドパートナー.com
  2. コラム
  3. セカンドパートナーがバレると慰謝料は発生するのか?

セカンドパートナーがバレると慰謝料は発生するのか?

既にセカンドパートナーがいる人もこれから作りたいと思っている人も気になることと言えば、配偶者にバレた場合にどうなるのか?ということだと思います。

もっと具体的に言えば、セカンドパートナーの存在がバレてしまった場合に、妻や夫が慰謝料の請求をすることが出来るのかということです。

結論から言えば、慰謝料を請求されることはありません。なぜならセカンドパートナーは不倫や浮気とは違うからです。

なぜ慰謝料が発生するのか?

浮気や不倫がバレて慰謝料を請求されるのは肉体関係のあったことを証明されてしまった場合のみです。

浮気をした側が、認めない限りは、ホテルから一緒に出てくる瞬間の写真などの証拠がなければ証明したことにはなりません。

セカンドパートナーのように食事に行ったり、メールをしたりするだけでは浮気や不倫とは認められないのです。

肉体関係がないからといって安心できない

肉体関係がなければ絶対に慰謝料を請求されることはないからと言ってハメを外しすぎるのも危険です。

たとえ何もしていなかったとしても、ホテルから一緒に出てくる写真を抑えられてしまったら、裁判では不倫をしたと判断されます。

ホテルに行ってしまったら「何もしていない」という言い訳は通用しないのです。

また肉体関係がなかったとしても、メールで好意を示すような文言を頻繁に送ったり、腕を組んで歩いていたりすれば、それも不利な証拠となります。

セカンドパートナーがいても下心を持たなければ不倫と判断されることはありません。

一線を越えてしまうと多くの人が不幸になってしまいますので、節度のある関係を維持しましょう。


↑ PAGE TOP