Second-Partner.com
妻や夫以外の心のパートナー
  1. セカンドパートナー.com
  2. コラム
  3. ソフレを募集する男女が増えている

ソフレを募集する男女が増えている

「ソフレ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?セフレではなく、ソフレです。

ソフレとは「添い寝をするフレンド(友達)」の略で、同じ布団で添い寝をする関係のことを指します。

一緒に添い寝をするだけで、多少のボディタッチはありますが、それ以上の行為には及びません。

今この、添い寝をするだけのソフレを求める男女が増えているそうです。

ソフレを募集

ソフレを求める理由

草食男子などという言葉も一時期、流行りましたが、最近は恋愛に対して面倒だと感じている人が男女ともに増えています。

彼氏や彼女に気を使いながら付き合うくらいであれば、一人でいた方が気楽だと考えている人も多くいます。

しかしそんな彼らでも、人肌恋しい夜もあります。特に落ち込んだり悩んだりしているときは、寝る前に愚痴を聞いてもらいたくなります。

セックスをしたいわけではないけれど誰かと触れ合いたいと思うのです。

そんなときに、添い寝だけしてくれるソフレという関係はとても都合が良いのです。

朝起きたときに隣に誰かいるというのも気持ちが落ち着くものです。

ソフレになるきっかけ

すでにソフレがいる人たちはどこで相手を見つけるのでしょうか?

ソフレになるきっかけはいくつかありますが、異性の親友と飲みに行って終電がなくなってしまったときにどちらかの家に泊まったことがきっかけ、というパターンが多いようです。

その他には小さい頃から一緒にお風呂に入っていたような幼馴染や、昔の恋人などがソフレになるようです。

当然ですが、いきなり異性に「ソフレになろう」と言って関係がスタートすることはないようです。

最近では添い寝だけしてくれる男性や女性を派遣してくれるお店もあるようです。女性客からの依頼が多いそうです。

ソフレのリスク

添い寝だけしかしないソフレですが、やはり男女が同じ布団で寝ることになればリスクはつきものです。

特に男性の場合は「女性と同じ布団で寝たら絶対に襲ってしまう」という人はたくさんいます。

また男性、女性の双方に言えることですが、ソフレがいることで寂しさを感じなくなってしまうと、恋愛をしようというモチベーションが起こらなくなってしまいます。

若いうちであればそれでも良いかもしれませんが、20代後半を過ぎて、ソフレの心地よさに慣れてしまうと、婚期を遅らせてしまうかもしれません。

既婚者の場合、たとえソフレであったとしても男女が同じ布団で寝てしまったら「何もしていない」という言い訳は通用しません。

裁判になれば慰謝料が発生する可能性が非常に高いと言えます。

ソフレは手軽に寂しさを紛らわせることのできる関係ですが、それなりのリスクがあるということも認識しておきましょう。

↑ PAGE TOP